VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

VCリッチセラムでニキビやニキビ跡の赤みがだいぶ治まってきました。

 

 

VCリッチセラムの口コミを調べてみると
こういった嬉しい報告がとてもたくさん見つかります。

 

 

VCリッチセラムはニキビ跡対策に特化した美容液として
とても人気のスキンケア商品となっています。

 

 

そんなVCリッチセラムのニキビ跡対策への働きについて解説させて頂きます。

 

 

 

\VCリッチセラムは公式サイトが最安値です!/

VCリッチセラム口コミ・効果!新型ビタミンC誘導体でニキビ後のお肌をしっかりケア!

トップへもどる

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができる理由は?

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

VCリッチセラムは思春期ニキビはもちろん繰り替えす
大人ニキビが気になる方におすすめの美容液となります。

 

 

VCリッチセラムは特にニキビ跡対策に特化した美容液となり
ニキビ跡の赤みが気になる方にとても支持されています。

 

 

そんなVCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのは成分に理由があります。

 

 

VCリッチセラム成分
  • 水、ジグリセリン、プロパンジオール、スクワラン、グリセリン、ペンチレングリコール、
  • ジステアリン酸ポリグリセリル−10、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、
  • カプリリル2−グリセリルアスコルビン酸、ナイアシンアミド、ポリグルタミン酸、
  • 加水分解コラーゲン、カプリリルグリコール、キサンタンガム、BG、
  • トコフェロール(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))、クロスポリマー、
  • ペンテト酸5Na、水酸化Na、フェノキシエタノール

 

 

 

VCリッチセラムの成分を見てみるとスクワランやグリセリンといった
保湿成分がしっかりと配合されている事がわかります。

 

 

しかしVCリッチセラムの特長はアスコルビン酸と表記されている
ビタミンC誘導体となります。

 

 

VCリッチセラムにはカプリリル2−グリセリルアスコルビン酸と表記されている
GO-VCとテトラヘキシルデカン酸アスコルビルと表記されているVC-IPの
2種類のビタミンC誘導体が配合されています。

 

 

ビタミンC誘導体は厚生労働省が認める美白成分の中でも
シミや赤みの還元、漂白作用が期待できます。

 

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

 

そのためVCリッチセラムはニキビ跡の残った赤みを
綺麗なお肌に仕上げてくれるのです。

 

 

また新型ビタミンC誘導体と呼ばれるGO-VCにはオクタノールが配合され
殺菌作用を持つことからアクネ菌対策にも効果的となります。

 

 

その他にも浸透型ビタミンC誘導体であるVC-IPは
48時間も持続時間があると言われています。

 

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

 

浸透型ビタミンC誘導体でお肌をしっかりとケアする事で
ニキビ予防だけでなく美肌作用も期待できるのです。

 

 

VCリッチセラムのニキビ跡への働きはその成分から
とても期待できるとご報告させて頂きます。

 

 

 

 


新型、浸透型ビタミンC誘導体が配合された美容液はこちら!



 

 

 

トップへもどる

VCリッチセラムはクレーター肌対策も行う事はできますか?

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

VCリッチセラムはニキビ跡に働きが期待できる
美容液だと解説させて頂きました。

 

 

VCリッチセラムに含まれている2種類のビタミンC誘導体は
ニキビ跡対策だけでなくニキビ予防にも効果的となっています。

 

 

そんなVCリッチセラムはクレーター肌対策もできるのでしょうか。

 

 

実はVCリッチセラムはニキビ跡対策は可能となっていますが
ニキビが原因で出来てしまったクレーター肌を改善する事ができません。

 

 

クレーター状のニキビ跡は同じ個所、近い場所に
ニキビが連なって出来てしまう事で炎症が
真皮層まで届いて出来てしまいます。

 

 

そのためクレーター状のニキビは特にニキビが大量に出来てしまう
思春期に残ってしまう事が多いのです。

 

 

ニキビの影響でクレーター状になってしまったニキビ跡は
真皮層まで傷ついてしまっており専門の皮膚科などで対処する必要があります。

 

 

ただ、VCリッチセラムはニキビ予防に効果的な
オクタノールやキハダ樹皮エキスも配合されており
過剰な皮脂やアクネ菌の数をコントロールする事ができます。

 

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

 

VCリッチセラムはニキビ予防にも働きが期待できるので
クレーター状のニキビ跡予防にもおすすめとなります。

 

 

VCリッチセラムはクレーター状のニキビ跡対策はできません。

 

 

VCリッチセラムを検討されている方はクレーター状のニキビ跡を
これ以上増やさないためにもぜひ使ってみてくださいね。

 

 

 

トップへもどる

VCリッチセラム使用時の注意点もチェック!

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

VCリッチセラムはニキビ跡の赤みをきれいに仕上げてくれる
ビタミンC誘導体配合の美容液となります。

 

 

またVCリッチセラムはニキビ予防に効果的な成分も配合され
ニキビ肌の方におすすめとなっています。

 

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

 

そんなVCリッチセラムには使用時の注意点がふたつあります。

 

 

VCリッチセラム使用時の注意点
  • VCリッチセラムは洗顔後に使用する
  • VCリッチセラムは続ける事が大事

 

 

VCリッチセラムは朝と晩の1日2回の使用が推奨されています。

 

 

しかしお肌に皮脂や汗、汚れがついているとVCリッチセラムの
美容成分がお肌の奥にまでしっかり浸透する事ができません。

 

 

そのためVCリッチセラムを使用する際はどちらか片方だけでも
洗顔後に使用する事がおすすめとなります。

 

 

お風呂上りや洗顔後に使用する事でお肌の巡りも良くなっているので
美容成分がお肌の隅々までしっかりと行き届きます。

 

 

VCリッチセラムを検討されている方は洗顔後にぜひ利用してみてください。

 

 

そしてVCリッチセラム使用時の注意点のふたつ目が
続ける事がポイントという点です。

 

 

VCリッチセラムはすでにご紹介させて頂いた通り
ビタミンC誘導体がニキビ跡対策を行ってくれます。

 

 

VCリッチセラムでニキビ跡対策ができるのはどうして?【VCリッチセラムニキビ跡】

 

 

 

VCリッチセラムの口コミを調べてみると
使ってすぐにお肌の肌触りに嬉しい変化を実感される方が
とても多くいらっしゃいます。

 

 

しかしVCリッチセラムはお肌のターンオーバーも利用するので
ニキビ跡の無いきれいな陶器肌になれるには時間が必要となるのです。

 

 

一般的にお肌のターンオーバーは20代で28日、40代後半になると
2ヶ月近くも時間がかかるといわれています。

 

 

そのためVCリッチセラムは続ける事が重要となるのです。

 

 

VCリッチセラムの注意点は洗顔後と継続となっているので
しっかり続けて気になるニキビ跡対策を行ってくださいね。

 

 

以上、VCリッチセラムのニキビ跡への働きについて解説させて頂きました。

 

 

 

 


新型、浸透型ビタミンC誘導体が配合された美容液はこちら!